TOP > テスト – 各種実力テスト

テスト各種実力テスト

一般公開小4実力テスト

実施回数
年1回(1月)
実施科目
算Ⅰ・算Ⅱ・国・理

特長

駿台・浜学園の4年生で学習した範囲から、特に重要な単元を出題します。国語では本格的な記述問題を出題し、算数ではⅠとⅡの2種類のテストで様々な角度から処理能力と発想力を問います。また、理科でも問題数を多くするなど、より実際の入試形式に合わせたテストです。実力を判定するだけではなく、一部の学校については合格点目安も設定いたします。

一般公開小5志望校判定模試

実施回数
年1回(1月)
実施科目
算Ⅰ・算Ⅱ・国Ⅰ・国Ⅱ・理・社

特長

現時点での志望校3校につき、A~Dの4段階で合格可能性を判定できるテストです。
駿台・浜学園カリキュラムの既習範囲から出題するため、公開学力テストより出題分野・出題量共に拡充し、さらに、難易度も高く設定しています。制限時間、出題形式や記述式の解答形式など、実際の入試形式に近く、入試の模擬体験としても活用できるテストです。

一般公開小6合否判定学力テスト

実際の入試出題傾向を踏まえた本格的なテストです。

実施回数
年4回(4月・6月・8月・10月) 第4回は塾生のみ
実施科目
算Ⅰ・算Ⅱ・国Ⅰ・国Ⅱ・理・社

「小6合否判定学力テスト」は年4回実施し、その時点での志望校への合否判定を行うテストです。
入試問題を意識し、難易度も高く出題形式も多様化することで、学力を総合的・多角的に評価することができます。

算数

算数Ⅰ・算数Ⅱと形式の異なる2種類のテストを実施します。
算数Ⅰは単問形式で20問からできており、基本問題・応用問題・発展問題からバランス良く出題します。正確かつ迅速な処理能力に加え、発想力も必要となる出題形式になっています。
算数Ⅱは多くの中学入試で採用されている大問形式で、6~7題出題します。計算問題以外は、より論理的思考が問われる出題形式になっています。

国語

国語Ⅰ・国語Ⅱと難易度の異なる2種類のテストを実施します。
国語Ⅰは基本的な読解力を問う問題構成になっており、文章内容および設問意図の正確な理解力が確認できるようになっています。
国語Ⅱは文章の質もより高度になり、発展的・応用的な読解力と記述力が問われる出題形式になっています。また難易度の高い語句・知識分野の小問も用意し、語彙力の豊富さも確認することができます。
国語Ⅰ・国語Ⅱともに、記述式の問題を各2題出題し、総合的な国語力が問われる内容になっています。

理科

基礎から応用・発展まで幅広い難易度の問題を出題し、実際の入試問題に近い形式のテストです。物理・化学・生物・地学の4分野のすべてから出題しますので、どの分野が得意でどの分野が弱点なのかが確認できるテストになります。
また、確実に正解しなければならない問題を正しく選択する能力が問われるテストで、実際の入試問題への取り組みの指針となります。

社会

第1回~第3回は地理及び歴史分野から、第4回は、地理・歴史・公民分野から出題します。
地理分野では、地形や人口、産業などの統計等の入試頻出範囲が問われる出題形式になっています。
歴史分野では、漢字指定のある出題も多く、人物や歴史的な出来事及び歴史用語を体系的に出題します。間違いやすい選択肢を組み合わせる等、問題の難易度を上げており、より正確な知識が試される内容になっています。公民分野は、入試頻出語句を問う基礎から、正誤を含めた発展的内容までを出題します。論述問題を含め、論理的思考力も試される内容になっています。

特長1
国語に記述欄、算数に解き方欄がある
記述欄・解き方欄

特長2
詳しい解説とテストの講評
解説・講評