TOP > コース案内 – 最高レベル特訓 算数 小5

コース案内最高レベル特訓 算数 小5

指導時間
1回175分(休憩10分含む) / 週1回

講義Ⅰと講義Ⅱに分かれ、受験算数の全分野を十分な時間をかけて講義し、徹底的に演習します。講義Ⅰで「比」の活用を中心においた受験算数の基礎論を、講義Ⅱで「文章題」の演習を通し条件整理力や論理力を磨きます。これにより、難関レベルの算数に対応する確固たる礎を作ることが目標です。また、マスターコースとの併用でスパイラル効果をいっそう高め、圧倒的な処理能力やハイレベルな思考力がより得やすくなります。

授業構成

55分 計算テスト
復習テスト
  休憩 5分
55分 講義Ⅰ
  休憩 5分
55分 講義Ⅱ

※授業構成は代表例ですので、実施順番は異なることがあります。

指導内容 小5

講義Ⅰでは「図形」「数」といった単元を通して高度な知識とそれを使いこなしていくための本質理解を、講義Ⅱでは様々な「文章題」を通して論理的な思考力を習得する構成としています。また、5年生で初めて習う「比・割合」の関係は「図形」を扱う講義Ⅰでは平面図形や立体図形での相似において、「文章題」を扱う講義Ⅱでは「割合に関する文章題」や「速さに関する文章題」において1年を通して学習していきます。また、各回の講義は、毎回4つのテーマとその応用問題から構成されており、それぞれのテーマで、基本から少しずつ難易度を上げていくことで基本問題を難解な問題にどうつなげていくか、すなわち基本の知識の活用力が身についていくテキスト構成になっています。

【小5 最高レベル特訓算数テキスト 講義Ⅰ( 第3分冊) 】より

テキスト