TOP > コース案内 – マスターコース 小4

コース案内マスターコース 小4

指導科目
算数・国語・理科・社会
指導時間
1回180分 (休憩10分含む) / 週2回

指導方針 算数

整数・小数・分数の数量処理の習得を通して、数論、図形、文章題といった受験算数の主要分野も本格的に学びはじめます。5年生からはじまる高度な受験算数の学習の礎を作る内容となります。

指導方針 国語

「文章読解に関する分野」「正確に書き記す分野」「漢字・語句を覚える分野」という国語学習で重要な3分野の学力の習得を柱として、実践演習を重ねることで漏れのない国語力を身につけます。

指導方針 理科

「生物」「植物」「天体」など年間を通じて、私達が生きている世界について総合的に学習していきます。理科についての基本的な知識の習得と同時に、理科を少しでも好きになってもらえるよう「楽しい理科」を目指します。

指導方針 社会

中学入試における「地理分野」の土台を作る1年になります。前半で都道府県別に各地域の特色をおさえ、後半では5年生の範囲である産業別地理にも触れ、基礎学力の定着を目指します。

授業構成

60分 算数 復習テスト 国語 復習テスト
理科 復習テスト 社会 復習テスト
休憩 5分 休憩 5分
55分 算数 講義 国語 講義
休憩 5分 休憩 5分
55分 理科 講義 社会 講義

※授業構成は代表例ですので、実施順番は異なることがあります。

指導内容 算数

3年生までに学習した内容をスパイラルでもう一度復習しながら、自力で解く力を身につけます。また、5年生から本格的に扱う数の性質や図形の面積・体積など、入試の頻出分野の導入もあり、高学年で学習する膨大な知識を無理なく吸収するための経験を積んでいきます。とりわけ、小数・分数に関しては、高度な処理までもこの学年で完成していくことで、高学年に向けての確固たる土台作りをしていきます。小学校指導要領の全てをこの4年生で学びきることになります。

指導内容 国語

4年生は受験に必要な単元を一通り学習するカリキュラム構成になります。小学校で履修する文章、知識事項は漢字を除き、4年生で一通り学習し終えます。文章単元と知識単元に交互に触れながら、前半では読み取り方の基本を、後半では文章の種類に合わせた読み取り方の応用を習得します。基本、標準、応用と単元ごとに難易度の異なる問題を扱うので、一人ひとりの理解の深度に合わせた学習が可能です。

指導内容 理科

入試における重要単元だけにこだわるのではなく、理科全般を楽しく学習できる単元構成になっています。生物分野では、たくさんの生物の特徴を、地学分野では、太陽や月についての不思議を学習します。また、比較的易しめの物理・化学の計算問題に慣れていくことによって、スムーズに5・6年の計算分野の学習につなげます。

指導内容 社会

小学校の4年生で学習する単元を先取りしたあと、地図の見方や地形図のきまりからはじまり、1回の授業の中で、3~4つの都道府県別に、それぞれの特色を時間をかけて取り組みます。後半は、産業別に入ることで受験社会の土台をつくることを目指します。この学年での地道な取り組みが5年生以降の学習に大きな効果を発揮します。