TOP > コース案内 – マスターコース 小3

コース案内マスターコース 小3

指導科目
算数・国語
指導時間
1回200分 (休憩10分含む)/ 週1回(土曜日実施)

指導方針 算数

数量処理に関しては整数にとどまらず小数・分数にもその範囲を広げていきます。取り組む受験算数の分野も広げながら、無理なく知的好奇心を育てて
いくことを目標としています。別冊の計算テキストで講義の進行と共に復習していくことで、3年生には難しく思える小数・分数の計算までの定着を目指します。

指導方針 国語

国語力は短期間でマスターすることが困難なため、早い段階から基礎学力を培うことが主眼となります。そのため、数多くの文章に触れる機会を与える
ことにより、文章の表現力や思考力、洞察力を養い、中学入試につながる基礎的な読解力を身につけます。

授業構成

40分 算数 復習テスト
55分 算数 講義
休憩 10分
40分 国語 復習テスト
55分 国語 講義

※授業構成は代表例ですので、実施順番は異なることがあります。

指導内容 算数

2・3年生では整数の四則計算はもちろん、規則性や図形、文章題など様々な単元で算数体験を深めていきます。また、2年生の早い段階から、かなり長い文章題に触れ、問題の内容を図や式で整理していく練習をしていきます。また、3年生では、和差算(線分図で考える)やつるかめ算などの本格的な受験算数の単元に臨みます。このことによって、単なる閃きだけでなく、高学年につながる論理的思考力を養うよう指導していきます。

指導内容 国語

2年生は受験国語の入口として、長文読解を中心に取り組みます。関連した知識単元にも触れながら、続きの文章を何週かに分け、様々な種類の問題を読んでいきます。3年生は難易度こそ、学年に合わせているものの、入試問題につながるような問題演習を意識した構成で学習します。また、後半では文章を「書く」ことに焦点をおき、総合的な国語力を養います。